前尼崎市議会議員 寺坂よしかず

〜すべては未来のために。All for our Future〜

朝鮮学校への土地の貸し付け優遇の報道について

約 3 分

今朝の新聞報道で、朝鮮学校への土地の貸し付けについて優遇されているとの報道がありました。


そもそもどの様な情報ソースで記事になっているかはわかりませんが、厳しい財政状況の中で、公有財産の台帳とのチェックが進んでいる中で出てきたことだろうと思います。

しかし、平成15年の経営再建プログラム策定時期に見直しておかなければならないのが正直なところであると考えます。

まだ、この件に関してはまだ議会に報告がないので、詳細はそれを受けてからですが、この際、市が保有する公有財産を貸し付けている事例について調査を行う必要性がありそうです。

兵庫・尼崎 朝鮮学校優遇 賃料1/100
産経新聞 12月19日(月)7時55分配信
■年2900万円→28万円 市有地40年超
尼崎朝鮮初中級学校(兵庫県尼崎市)を運営する「兵庫朝鮮学園」が、同市の市有地約7850平方メートルを同校用地として、年間約28万円の格安賃料で使用し続けていることが18日、分かった。格安賃料は40年以上も見直されないまま続いており、同市は値上げを前提に賃料改定を検討している。
同市によると、同校は終戦直後、在日朝鮮人らが通う市立小学校の分校として設立されたが、その後在日朝鮮人らが自主運営を要望。昭和41年3月に県知事の認可を受けた兵庫朝鮮学園が4月から分校を引き継ぐ形で運営を始めた。その際、同市と学園の間で、校舎などの建物は学園が買収し、用地は1坪当たり1カ月10円で市が学園に貸与することで合意したという。
この合意によると、賃料は年間約28万円となるが、同市の公有財産規則に基づき、現在の固定資産税仮評価額などと合わせて標準賃料を算出すると年間約2900万円になる。
賃料が改定されなかった経緯について、市の関係者は「(在日朝鮮人に対する)補助金的な意味合いもあったのかもしれない」としているが、明確な理由はないという。同市公有財産課は「(過去の経緯などから)安い賃料を継続してきたが、値上げや用地買い取りも含めて交渉を進めたい」としている。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111219/waf11121907160000-n1.htm

 最終更新:12月19日(月)7時55分

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)